大阪で受けたボトックス注射によるしわ治療

注射は麻酔をしてもらえてさほど痛みは感じなかった

目元のしわが気になりボトックス注射をすることに注射は麻酔をしてもらえてさほど痛みは感じなかった4ヶ月くらい効果が続いたので良かった

でもテープやクリームのタイプは、皮膚の表面に塗布をしてから、30分くらいは時間をおかなければなりません。
やると決めたら痛いことは早く済ませたかったので、すぐに痛みを緩和できる笑気麻酔を選びました。
鼻から吸い込むタイプの麻酔であり、鼻から息をしているとすぐに頭がボーッとしてきます。
完全に意識が無くなるわけではなく、人からの呼びかけは耳に入ってきますし、まるでお酒を飲んでほろ酔い気分になったような状態です。
身体も頭もふわふわとしてくるような、心地の良い感覚になります。
医師から声をかけられて返事もうつろになりつつ答えると、では打っていきますと注射の開始です。
注射針を刺すときにはさすがにしっかりと痛みを感じますが、それでも意識はぼんやりとしています。
完全に痛みを感じないわけではないものの、頭がぼんやりしているので、ダイレクトな痛みまでではありません。
目元の皮膚は薄くて日頃強い刺激を与えることが無い場所だけに、注射針で刺す行為はやはり少し怖かったです。
でも笑気麻酔を付けたおかげで、痛みを少しだけ誤魔化すことができたのは良かったですし、麻酔を止めると酸素に切り替わります。
しばらくして頭はスッキリしてくるので、鏡を見て身支度ができるのも便利です。

しわ治療-大阪 / しわ治療|大阪